Softgate Limited

株式会社ソフトゲート コーポレートブログ

kabu ステーション API

auカブコム証券から個人投資家に向けて「kabu ステーション API」という株式取引 API の提供が始まりました。

既にみなさんいろいろ情報収集や実験をされているようですので、これからこの API の細かな仕様やクセなども明らかになってくるでしょう。

ここでは、kabu ステーション APIをまだまったく触っていない方向けに、簡単に(主に技術面で)解説をしたいと思います。

既に FX や仮想通貨で API 取引をされている方でしたら、API サーバというのは FX 業者や取引所が用意しているサーバであって、そのサーバに対して HTTP や TCP で発注などを行うという理解をしているかもしれません。

f:id:Softgate:20200821124215p:plain
通常のFXや仮想通貨の API

これに対して、kabu ステーション API はその名の通り、kabu ステーションという Windows 上で動作する取引ソフトウェアを介して提供される API です。

したがって、みなさんが Python などで記述した取引プログラムが発注リクエストを送る先は、証券会社のサーバではなく、みなさんの PC で稼働中の kabu ステーションとなります。

kabu ステーションが HTTP サーバおよび WebSocket サーバとしても機能して、API 経由のリクエストを中継し、証券会社のサーバに送ります。

f:id:Softgate:20200820212721p:plain
カブコムの API

そのため、当然ながら、kabu ステーションが実行されている環境でしか使えないので、Windows 専用になっており、Linux VPS なんかでは動作しないわけですね。

そのようにして、リクエストを送る先が localhost になることを除けば、使い方は普通の REST API と同じです(本当は REST な API ではないんですけどブツブツ)。

実は、株式の情報取得や発注が出来る API は、これまでにも個人向けにいくつか提供されていて、それらも似たような仕組み(つまり PC で稼働するソフトウェアが API サーバとなる)で実装されています。

楽天 RSS

マーケットスピードと RSS.exe というプログラムを実行している状態で、DDE という仕組みを使ってほぼリアルタイムなデータ取得が可能

岡三 RSS

岡三 RSS というプログラムを実行している状態で、 Excel アドオン経由で Excel にほぼリアルタイムなデータ供給と発注も可能

これらの個人向け API は、

  • 楽天 RSS は情報取得はできるけども発注は自動化できない
  • 岡三 RSS は発注も可能だが Excel からの利用に限定される

といった具合で、どうにもかゆいところに手が届かない感じでした。

今回の kabu ステーション API は、その隙間を埋めることができる API で、特に Python や JavaScript で FX や仮想通貨の取引 BOT を作っているようなユーザ層が株式取引にも手を出すにはちょうどよい存在かもしれません。

また、これを機に API 取引を始める人たちのために、ドキュメントのみならず、質問や要望を投げられるポータルサイトも提供されています。

kabu ステーション API ポータルサイト

取得できる情報

さて、任意のプログラミング言語から発注ができる、というのは良いのですが、取得できる情報はどうでしょうか。

WebSocket を使ってプッシュ型のデータ配信ができるようになってはいますが、配信されるデータは既存の RSS 系とさほど変わらないようです(詳しくはこちらをどうぞ)。

銘柄情報および板(最良10本)のスナップショットと、それが変化したら変化分の情報が送られてくるイメージです。

ただ、あまり大量にデータを送らないように制限がされているようですから、最大で 50 銘柄まで情報が購読できるとはいっても、50 銘柄の情報がきわめてリアルタイムに取得できるということではないような気がします。

本 API のプレスリリースでは機関投資家と個人投資家の溝を埋める 高速発注 みたいな文言も目にとまりましたが、正直、速度に関してはあまり期待しない方がよいと思います。

また、株式取引ではよく、歩み値(約定履歴)を正確に取得したい、というお話を聞きますが、それは kabu ステーション API でもサポートされていません。

おまけ(宣伝?)

もう昔のことなのでご存じない方も多いかもしれませんが、以前は弊社でも、マーケットスピードを利用して(どういう風に利用するか詳しくは言いませんがマケスピが起動していなくても使えます)、マケスピと同等の情報取得を実現する .NET 向けのライブラリを提供していました。

もちろん、歩み値も取得できますし、歩み値を購読すればリアルタイムかつ漏れなく約定履歴を取得することも可能です。

このライブラリは現在は非公開ですが、こつこつと機能追加されていまして、いまは信用取引*1と先物の発注もサポートしています。

お問い合わせをいただければこのライブラリも販売しています*2ので、詳しいことは弊社お問い合わせページからご連絡ください。

*1:現物は必要性がなくて実装していませんが対応は可能です。

*2:ただしお値段はそれなりです。

Python BOT 開発コースなどの近況

最近はオンラインコースのコンテンツ作成や FX 向けソフトウェアの開発を進めています。

今後公開予定のオンラインコースを楽しみにしてくださっている方もいらっしゃるので、以下、簡単に近況報告をさせてください。

Python BOT 開発 コース

Python と仮想通貨 BOT 開発を学ぶ総合コース 仮想通貨 BOT 開発で学ぶ Python プログラミング は、実際に BOT を作っていくプロセスを体験する演習中心の講義は一通り完成しました。

以前の記事でもお話しした通り、コンテンツは全体的に作り直しをすることにしたのですが、

  • トレーダーのための Python
  • トレーダーのための Linux
  • トレーダーのための技術情報

といった演習以外の講義は、ほぼ旧コンテンツのまま*1です。

そのため、7 月から通常価格にするつもりでしたが、まだ当面は割引価格での販売を継続します。

プログラミング / Python / BOT開発、これらをまとめて習得する欲張りな総合コースで、 演習指向の講義だけでも 18 時間分 ありますので、時間をかけてしっかりと Python や BOT 開発の学習に取り組みたい方にお勧めです!

受講生のご質問には専用の Discord チャンネルにて対応しております。

ウェブスクレイピング コース

ご要望の多いウェブスクレイピングコースのコンテンツ作りにも着手しています。

「スクレイピング」といっても、データ取得をするクローラーを作るのが最終目標ではありません。

簡単にいえば、ブラウザのフリをして取引システムにログインして、 API を提供していない FX 業者や仮想通貨取引所で自動発注を実現 することに主眼を置いています。

こちらのコースは、ご提供までまだちょっと時間がかかりそうなので、また後日詳細をご案内したいと思います。

リバースエンジニアリング や FIX プロトコルのコース

申し訳ありません、これらのオンラインコースは現時点ではまだ手付かずです。

なお、2015 年開催の FIX セミナーのコンテンツは、お問い合わせいただければ販売します。

急ぎで FIX プロトコルの勉強をしたい方は遠慮なくお問い合わせ下さい。

ソフトウェア開発

それから、オンラインコースのコンテンツ作成以外にも、Windows 用の FX 自動売買ソフトウェア開発も進行中です。

取引ロジックは Python で記述していただくのですが、発注やポジションの処理は当然フレームワークの方で担当しますので、とても簡単にオリジナルの取引ロジックを実現することができます。

API を提供している業者/提供していない業者など最終的には幅広く対応する予定で、用途としては、なんというか・・・裏技系を想定しています。

ただし、こちらは諸事情により、一般販売はせず、過去にお付き合いのあったお客様とセミナー受講生に限定してご案内するつもりです。

*1:動画のサイズやフォーマットなどが統一されていないだけで、旧コンテンツでも学習は進められます。

仮想通貨BOT開発コースの近況

コース内容

「仮想通貨 BOT 開発で学ぶ Python プログラミング」コースのコンテンツ作り直しは、当初予定より時間がかかっているものの、 演習を通してフレームワークと取引ロジックを実装する一連の講義がほぼ完成しつつあります。

コース製品ページでは、講義内容をタイトルだけですがご覧いただくことも可能です。

f:id:Softgate:20200523105204p:plain
コース内容プレビュー

フレームワークとロジックのプログラムを作りながら学んでいく 演習指向の講義が約 17 時間分 あり、それに加えて 技術解説の講義 も豊富にご用意しています。

近年、BOT 開発に参入する人が増加していて、全体的な技術レベルが上がってきています。

そのため、技術的にも一定の水準まできちんと理解しておかないと、他の人に差を付けられて、ハンデを背負った戦いを強いられます。

しっかりとした技術を装備して BOT 作りに臨むために、是非本コースを活用してください!

作り直し予定

ちなみに、コース製品ページをご覧いただくと分かりますが、技術解説の講義の多くは、講義タイトルの先頭に【旧】と付いています。

これらの講義は、今後時間をかけて作り直しや再構成を行っていきますが、現時点でも学習に必要な情報は十分ご提供しているのでご安心を!

コミュニティ

受講生の方は、本コース受講生専用の Discord チャンネルにアクセスできます。ご質問や雑談にご利用ください。

また、現在 Discord 上で以下のようなサービスを実験的にご提供しています:

  • 複数クラウドからの一括 ping ツール
  • 国内外の取引所の約定/価格データ提供

これらは将来的には有料サービスに移行したり、ニーズがないようであればサービスを停止することもありますが、当面は受講生の方は無料でご利用いただけます。

その他、一般公開しないソフトウェアの販売なども Discord 上でアナウンスすることがあります。

販売価格

現在ご提供している割引価格で購入できるのは 6 月末まで とさせていただきます。

興味のある方は通常価格に戻る前のご購入を是非ご検討いただけると幸いです!